奥野高徳氏が代表を務める会社とは

奥野氏の「出身校」と「スカウト業」が会社経営に与えた影響

奥野高徳氏の「出身校」と「学部」

奥野高徳氏の出身大学とその学部は、「日本大学法学部」だそうです。
ところで今年は何かと日本大学の話題がいろいろと取り上げられていますが、日本大学は大学名に「日本」という単語が入っているように、多方面で日本一を誇る数字を持っています。

例えば、日本の大学全体で第一位であるのは、「生徒数」「社長の出身大学者数」「警察官の採用者数」「公務員の採用者数」「一級建築士の合格者数」などです。

特に奥野氏の出身学部である法学部は、日本大学の前身である日本法律学校の時代から現代まで120年の歴史を誇る最も伝統のある学部になります。

日本大学の中でも一番の歴史と伝統を誇る法学部で、「自主創造」の理想のもと、社長になるにあたって必要な知識を身につけていったのかもしれませんね。

「スカウトマン」という職業について

奥野氏は「伝説のスカウトマン」として名を馳せていますが、皆さんは「スカウトマン」の仕事についてご存じですか?

おそらく大抵の方は「スカウトマンって、女の子に声をかけることを仕事にしている人じゃないの?」という認識の方が多いと思います。

しかし実際は、声をかけるだけではなく、自分がお店にスカウトした女の子の入店後のフォローこそが声かけ以上に重要なこととなります。

そして奥野氏の場合は特に、その女の子へのフォローがかなり手厚く、その気配りがしっかりしていたことが「スカウトマン」としての成功につながったように感じられます。

またこのスカウトマン時代のノウハウが、会社の経営にも大きな影響をもたらしているようです。