奥野高徳氏が代表を務める会社とは

ネット事業のその先へ

セミナーを運営

インターネットの基本や運営のノウハウを学べる講座を、不定期に行っています。
ウェブサイトの提案や実際の運営だけでなく、効果的な活用法や工夫などを教えてくれます。
ちょっとした事なら自分で対応できるようになっておくと、いざという時のトラブル対応も安心ですよね。
ネット事業のサポートの一環だとしても、こうして実際に利用者と接する機会を持っているという事は、やはり奥野氏の「人を大切にする」という事にも繋がるのではないでしょうか。
ルーツプロモーションのスタッフも、学歴や経歴もそうですが、特に人となりにこだわって採用するという話ですから、そうしたスタッフが揃っていれば、あたたかく行き届いた関係を築ける、ビジネスパートナーになりうるのではないでしょうか。

つまりは、人であるということ

事業内容を見る限り、例えインターネット関連の事業であったとしても、結局は人との関係を気付いていくことが、どんな仕事であっても大切なのだという事がわかります。
仕事は決まったことだけを繰り返しているだけでは発展しません。
ニーズがあってそれに応えることで広がり、進歩していくのです。
今の仕事に繋がっている、その先には必ず人がいます。
依頼してくれるお客様も、ウェブをみているのも、結局は人です。
求められているものが何かを見極め、そこにあるビジネスチャンスをどう引き上げていくのかという手腕は、事業内容が変わっても奥野氏のビジネススタンスの変わらないところではないでしょうか。
どんなところでもビジネスに生かせる経験がある、という事を、奥野氏は身をもって示してくれています。