奥野高徳氏が代表を務める会社とは

スカウトマンの仕事内容

スカウトマンの実力は家庭の影響も

奥野氏は、なぜスカウトマンとして成功したのでしょうか。
奥野氏の父はキャバクラを13店舗も経営しており、長者番付に乗るような人物です。
小さい時から父の経営する店に遊びに行っていたそうです。
兄弟全てが女性だったこともあり、女性の扱いを熟知していました。
その影響から18歳でスカウトマンとして実力を発揮することになります。

奥野氏は仕事人間になることは避けたかったようで、家族と一緒に過ごす時間を大切にしているようです。
奥野氏の父は仕事人間で家庭を顧みない人だったそうです。
妻が亡くなった時に、もっと大切にしてあげればよかった、と後悔したそうです。
父のように後悔したくない、という思いから家族を大切にしているといっています。

スカウトマンの仕事とは

風俗スカウトマンはどのような仕事と内容なのでしょうか。

風俗スカウトマンは高校を卒業した18歳以上の女性に、声をかけて仕事を紹介します。
女性と出会うことが最初の仕事です。
ですので、出会い系のサイトやSNSなどで知り合ってから、スカウトすることもあります。

風俗スカウトマンの収入は、スカウトした女性が働いた収入の10%と言われています。
これをスカウトバックと言い、月に女性が100万円稼いだら10万円がスカウトマンの収入です。

風俗スカウトマンは引き抜きをすることもあります。
客のふりをして引き抜くことは日常茶飯事だそうです。
しかし、スカウトした女性は大切な商品で収入源なので、引き抜きがバレると相手のスカウトマンの逆鱗に触れることになります。